HOME | ドキュメント |  ブログ  |  BBS  |  瓦版  | 将棋プロジェクト |  物置小屋   

IMAPサーバ構築 Courier-IMAPサーバ
 道標
象歩
象歩ブログ
ドキュメント
自転車整備ノート
C/C++
Linux 備忘録
IMAPサーバ構築
はじめに
Courier-IMAPサー~
FetchMail
Procmail
SpamBayes (スパ~
Sylpheed
データベース
小技集
雑記
パソコン整備ノート
不健康日記
不健康日記 (2)
Python パイソン
セキュリティ
Vine ヴァイン
Zope2 (ゾープ 2.x 系)
象歩BBS
Web瓦版
将棋プロジェクト
物置小屋
 リンク
Vine Linux
Vine ドキュメント
Vine Linux 3.x FAQ
Vine Linux ドキュメントチーム
search.luky.org Linux関連ドキュメント検索
メーリングリスト vine-users 全文検索
X Japanese Documentation Project
X.org foundation
Vine Linux AMD64対応のメモ
FreeBSDの検索サービス
RPM Guide
Fedora Project Download Server
Jun's Homepage
Legacy Encoding Project
Unix Programming FAQ 日本語訳

はじめに  [更新日:2008年05月16日]

Courier-IMAP サーバと SpamBayes フィルタを導入したので、 とりあえず動かすまでの手順をまとめてみました。 でも、各ソフトに付属のドキュメントを読むのが一番確かだと思います。

手順

最初に IMAP サーバ用に一般ユーザでアカウントを作ります。 ここでは courier という名前で登録したとして説明していきます。

  1. IMAP サーバの導入
  2. 最初にCourier-IMAP サーバを立ち上げます。 メールの格納場所は Maildir 形式になります。

  3. Sylpheed の設定
  4. 次に IMAP クライアントとなる (Sylpheed) から接続して確認します。

  5. FetchMail と Procmail の設定
  6. FetchMailProcmail を設定し、試しにプロバイダからメールを取り込んでみます。

  7. SpamBayes フィルタを追加
  8. Procmail の設定に SpamBayes フィルタを追加します。

  9. 実運用への移行
  10. Sylpheed 上で必要なディレクトリを作成し、 過去のメールを移動します。 もし 「新着メールを自動チェックする」を設定してある場合は、 一旦オフにすることも忘れずに。

    自動でおこなう方法 ( MH形式のメールをMaildir形式へ変換) もあるらしいけど確認してません。